デザイナーになるには?グラフィック・WEB・ファッションなど、デザインやデザイナーに関する情報を発信

デザイナーになるには?

Webデザイナーとプログラマーのどっちを目指すべき?

Webデザイナーとプログラマーのどっちを目指すべき?

Webコンテンツと一言にいっても、ホームページもあれば、WebブラウザをプラットフォームとするWebアプリケーションなど様々です。そして、制作するコンテンツによって作業工程は大きく違いますし、必要になる知識や技術も異なります。

業務領域の異なるWebデザイナーとプログラマー

ホームページ、Webコンテンツ、Webアプリケーション開発の手法などWEB業界の作業工程はあまり知られていません。そのため、Web関係の仕事をしたいと思ったときにWebデザイナーとプログラマーのどっちを目指そうかと考える人もいるでしょう。

しかしWebデザイナーとプログラマーは必要になる知識や技術、そして仕事内容が大きく異なります。今回はそんなWebデザイナーとプログラマーについてまとめました。

Webデザイナーとは

Webページのデザイン作業やコーディングといった作業を行う人のことです。Webデザイナーの中にはプログラムを組む人もいますが、Webデザイナーというと多くは、デザインセンスやデザイン力、そしてそれをWebページで表現するコーディングというHTMLを組む能力が要求される職種です。

ホームページ制作の場合、コンセプト、企業のイメージなどを反映するデザインが重視されますから、Webページのレイアウト、Webページに使用する素材の制作、コーディングといった作業のウェイトが高くなります。

プログラマーとは

仕様によってプログラミングを行う職業のことです。例えば企業などのホームページを制作する場合、ホームページに問い合わせフォームをつけたいといったクライアントの要望によって、プラグインプラグラムを実装する作業やプログラム制作などが必要になってきますが、これらがプログラマーの領域になります。

問われるスキルの違い

Webデザイナーというと、ホームページを制作する人という非常に広域な意味で捉えられているのですが、実際の制作現場や業界ではWebページのデザインを行うWebデザイナーと、プログラマーなどのより高度な専門知識と技術が必要な技術者は区別されています。

また、業務内容がWebコンテンツ制作となっている企業の求人募集の詳細を見ると、プログラマーの募集についてはPHP、Perl、Java、C言語といった言語の知識があるかどうか問われ、Webデザイナーの求人の場合は、ポートフォリオなどの作品の提出が求められたり、Photoshop・Illustratorのスキルが必須となります。

どちらを目指すにしても、それなりに時間を要しますので、目指すべき職種を明確にする必要があり、自分の適性を見極めましょう。

グラフィカルジョブで「WEBデザイナー」の求人を検索する