デザイナーになるには?グラフィック・WEB・ファッションなど、デザインやデザイナーに関する情報を発信

デザイナーになるには?

できれば兼任したい!WebデザイナーとWebプログラマーの違いとは?

できれば兼任したい!WebデザイナーとWebプログラマーの違いとは?

WEB業界は専門家による分業

ホームページやWebコンテンツの制作を行う職業というと、Webデザイナー、またはWebクリエイターだと考える人は少なくないのではないでしょうか。しかしホームページやWebコンテンツの制作工程や作業は、サイトやコンテンツのコンセプトや仕様によってそれぞれ異なり、作業によってそれを専門とする職業があります。

ホームページやWebコンテンツの制作に携わる人はすべてWebデザイナーか、もしくは、Webディレクターであると考えてしまうのは、そのあたりの事情が周知されていないためかもしれません。ホームページやWebコンテンツを制作するには様々な作業が必要であり、その作業によって必要になる知識や技術が大きく異なります。

そのため、それぞれの専門のスタッフが分業してホームページやコンテンツを作っていきます。その過程で、専門のスタッフの中で重要な役割を担う職業があります。それがWebデザイナーとWebプログラマーです。

Webデザイナーとは

Webページをデザインして、そのデザインを実現するHTMLを組む、コーディングといった作業をするWebデザイナー。

デザインはクライアントの要望やイメージを元にデザインしていかなくてはならないため、デザインをするにあたって、いくつものデザイン案の作成、クライアントとやり取りしながらデザインを決めていきます。

そしてクライアントが納得するデザインが出来上がるとHTMLとCSSを組みWebブラウザで表示するためのデータを作るコーディングといった作業を行います。コーディングの作業では、プラグインプログラムの実装、オープンソースのプログラムをカスタマイズするといった、より技術的な作業を行う場合があります。

WebデザイナーとはWebページのデザインを行うデザイナーですが、技術者と解釈されるゆえんはそのような理由からでしょう。またWebデザイナーは人によってはサイトで使用する写真の選定、アイコンや画像、イラスト、アニメーションなどを制作することもあります。

Webプログラマーとは

仕様に沿ってプログラミングを行い、システムを構築するWebプログラマー。Webデザイナーの場合、プログラムのカスタマイズやプラグインプログラムの実装には主にJavaScriptといった小さなプログラムを編集することになりますが、WebプログラマーはJava以外にも、PHP、Perl、Rubyといった複数のプログラム言語を扱います。

またプログラマーはプログラミングによってシステムの構築、設計なども行うため、システムエンジニア、ディレクターといった側面もあり、以上のことから、制作現場や業界ではWebデザイナーとWebプログラマーの違いははっきりと区別されています。

グラフィカルジョブで「WEBデザイナー」の求人を検索する