デザイナーになるには?グラフィック・WEB・ファッションなど、デザインやデザイナーに関する情報を発信

デザイナーになるには?

家具デザイナーになるには

家具デザイナーになるには

人々の暮らしに彩を添える家具。そんな家具を生み出す、家具デザイナーになるには、どのような方法があるのでしょうか。まず、家具デザイナーになるために必須の資格はありません。そのため、独学で勉強される方、学校で学ばれる方など様々です。
しかし、多くの方が就職や仕事の幅を広げるために、資格を取得されます。このように、資格を取得する上で、身につけられる知識、技術は家具デザイナーとして役立つものが多いので、家具デザイナーを目指される方は取得をおすすめします。

 

また、資格を持っていると、クライアントが自分を評価する一つの目安になりますし、安心感を与えることにも繋がります。

 

そこで今回は、家具デザイナーが身に付けておきたい資格と、なるための具体的な方法についてまとめました。

 

 

取得しておきたい資格
家具デザイナーには、デザイン表現、色彩感覚、建築に関する知識など、様々な能力が要求されます。そのため、多様な分野の知識を身に付けておくと、家具デザイナーとしての成長につながります。
また、家具デザイナーはセンスのいい家具をデザインする以上に、使う人の安全性や使いやすさを考える必要があるので、そのことを意識して資格取得を目指してください。

 

具体的な資格としては以下のものが挙げられます。

 

・ 建築士「一級、二級、木造建築」
家具の設計に直接は関係ありませんが、大規模な住宅の改装などには建築士の資格が必要です。また、ものを作る上での考え方が身につきます。ただし、国家資格になるので、取得は容易ではありません。

 

・ インテリアコーディネーター
インテリア全般の幅広い商品知識が要求されます。取得すると、インテリアに関する様々なアドバイス、提案を行うことができます。

 

・ カラーコーディネーター
家具をデザインする上で、大切な色彩感覚。カラーコーディネーター検定試験では、色彩の知識から、その特性までを学ぶ事ができます。

 

・ インテリアプランナー
インテリアの設計に関わる、技術者を対象にした資格で、設計、施工建築一般の知識が必要とされます。この資格を取得すると、インテリアプランナーの称号が与えられます。

 

・ 福祉住環境コーディネーター
高齢者、障がい者に配慮した住まい作りを提案する、アドバイザーの資格です。取得には建築の知識だけでなく、医療、福祉についての知識も求められ、高齢化社会を迎えた日本では、重宝される資格と言えます。

 

 

以上、役立つ資格を挙げましたが、家具デザイナーにとって、資格を持つことが重要なのではなく、資格を取得する上で、いかに知識、技能を身につけられるかが大切ですので、それを念頭において学習してください。

 

 

家具デザイナーになるための具体的な方法
家具デザイナーになるには、デザインの基礎的な知識、技術から、図面の制作にいたるまで,幅広い能力が求められます。これらの能力を身につけるためにはどのような方法があるのでしょうか。
家具デザイナーになるためには、主に3つの道があります。

 

□ 専門学校、大学で基礎から学ぶ。
最も一般的なのは学校で学ぶ方法です。学校に通えば、家具デザインの基本を学ぶことができますし、就職支援もしてくれます。さらに、同じ志を持った仲間に出会えるので、高いモチベーションを保ちながら、学ぶことができます。ただし、美大や、一部の専門学校では、実技試験があるので準備が必要です。

 

□ デザイン事務所などでアルバイトをしながら実務経験を積む。
この方法は、家具デザインの現場で、実際に仕事をしながら学ぶことが出来るので、早く成長できます。また、才能を認められれば、正社員になることができるので、効率のいい方法だと言えます。しかし、実務経験の無い、未経験者を雇うのは、企業側としてもリスクが高いので、求人はほとんど無いのが現状です。

 

□ 独学で学び、ポートフォリオを作成し、自ら売り込む。
独学で学ぶには強い忍耐力が必要で、決して楽な道ではありません。しかし、独学で家具デザイナーになった方も多くいるので、不可能ではありません。学習内容としては、前述した資格取得を目指すことをおすすめします。なぜなら、資格取得は家具デザイナーに必要な知識、技術が身につくので、取得に向けて、学習することは独学される方にとって、有効なペースメーカーになります。資格&ポートフォリオを充実させることで、就職、独立に役立ちます。

 

 

以上が、家具デザイナーになる方法です。
このように、方法は一つではないので、現在の自分の状況と照らし合わせて、最適な選択をしましょう。

 

グラフィカルジョブで「家具デザイナー」の求人を検索する