デザイナーになるには?グラフィック・WEB・ファッションなど、デザインやデザイナーに関する情報を発信

デザイナーになるには?

グラフィックデザイナーとDTPオペレーターの違い

グラフィックデザイナーとDTPオペレーターの違い

グラフィックデザイナーとDTPオペレーター。

デザイン業界ではよく耳にする職種ですが、それぞれの業務は具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

DTPオペレーターの仕事

DTPはDesk Top Publishingの略で、日本語では卓上出版を意味し、PCで出版物を制作し、プリンターで出力することで、オペレーターとは実際の操作に従事する人ということになります。

一見すると、DTPオペレーターとグラフィックデザイナーの仕事は同じ様に見える場合がありますが、作業工程の面から考えるとその違いが分かります。

まず、印刷をする際に必要なものを版下と言い、以前は紙に画像や文字を貼りこんでいました。それが今では、パソコンでの電子データとしてやり取りされるようになりました。

通常はグラフィックデザイナーがこの電子データのディスクを制作しますが、デザイナーがデザインとレイアウトの構成までを行い、仕上げを別の人に任せる場合があります。

この別の人はデザイナーの指示通りにパソコンで作業をおこなう作業員、つまりDTPオペレーターです。言い換えますと、DTPオペレーターとはパソコンで版を作る人であり、デザインの下流工程を担当する職種になります。

グラフィックデザイナーの仕事

グラフィックデザイナーはDTPオペレーターがPCで作業をするためのデザイン構成を仕立てる人です。

グラフィックデザイナーの中にはゲームのキャラクターを作る人もいますし、雑誌の特集ページなどを構成するエディトリアルデザイナーもいます。

このように、DTPオペレーターとグラフィックデザイナーは、その作業内容が異なります。では、デザインには必ずDTPオペレーターが必要なのかと言うとそうではなく、グラフィックデザイナーが最初から最後までPCで仕上げる場合が多いので、それほどDTPオペレーター単体としての需要は多くはないようです。

以前、紙で印刷用の版下を制作していた時代にはオペレーターとしての作業を行う人が大勢いましたが、PCで業務を行う現在では、多くの場合、グラフィックデザイナーがデザインの構成を考え、それをそのままフィニッシュの電子版下まで仕上げてしまうケースが多くなりました。

そのため、DTPオペレーターを必要とするケースは、ひとりのグラフィックデザイナーが複数のデザインを同時に進行させる場合となります。

それはDTPという作業は物理的に時間がかかり、グラフィックデザイナーが行っていると、複数案件を同時に仕上げられなくなってしまうため、DTPオペレーターが必要になるからです。

グラフィカルジョブで「グラフィックデザイナー」の求人を検索する