デザイナーになるには?グラフィック・WEB・ファッションなど、デザインやデザイナーに関する情報を発信

デザイナーになるには?

今さら聞けない、グラフィックデザインとは何か?

グラフィックデザイナーとは、どのような人を指すのかを定義するには、グラフィックデザインとは何かを知らなければなりません。グラフィックデザインは英語で、Graphic Designで、主に平面上に表示される画像や文字、色彩などを介して情報、メッセージを伝達する手段です。

そのために使用される媒体はポスター、チラシ、リーフレット、パンフレット、カタログ、ステッカー、新聞・雑誌広告、商品のパッケージや包装紙のデザインやロゴマークなど多岐にわたります。チラシはフライヤーとも呼ばれますが、コンサートや演劇、展覧会をはじめとしてスーパーやデパートの売り出し広告、自動車ディラーの新車発表、住宅や土地の販売広告などさまざまです。チラシは言わばポスターとカタログの中間的な存在で、チラシを制作するのはグラフィックデザイナーの仕事の中でも多いようです。

ここでグラフィックデザイナーの定義になりますが、それは先に述べたように各種の印刷物を制作するのが、グラフィックデザイナーです。グラフィックデザイナーは対象となる印刷媒体に対して、構図や色彩、画像・写真などの素材や文字の配置等を考え、情報を整理し、分かりやすく伝達できるようにします。その意味でグラフィックデザイナーはデザインとレイアウトをおこない、各種情報やメッセージを印刷物の形にする仕事人と言えます。大勢のグラフィックデザイナーが日々社会へさまざまな情報を送り続けているのです。

以前は、グラフィックデザイナーと言えば手作りの版下を制作していましたが、昨今のコンピューターの普及に伴い、大半のグラフィックデザイナーはパソコンで印刷物用の電子データを制作するようになりました。DTPと呼ばれる技術が確立したおかげで、グラフィックデザインの仕事が大きく進化したのです。
また、グラフィックデザインはグラフィック・アートの領域に含まれますから、グラフィックデザイナーはアーティストでもあります。ちなみに、グラフィックデザイナーと似ている職業には、Webデザイナー、CGデザイナー、DTPデザイナーあるいはDTPオペレーターがあります。これらの職業の原点はいずれもグラフィックデザインであり、さらにグラフィックデザイナーを管理・監督する立場になると、アートディレクターと呼ばれます。
ちなみにデザイン関連では、グラフィックデザイナーのほかには、書物などを制作するエディトリアルデザイナー、工業製品のデザインをおこなうインダストリアルデザイナー、フラワーアレンジメントのフラワーデザイナー、さらには衣服をデザインするファッションデザイナーなどが居ますし、フードデザイナーなども居ます。

グラフィカルジョブで「グラフィックデザイナー」の求人を検索する