No.6 WEBデザイナー(27歳・女性)へのインタビュー
  • ■ クリエイタープロフィール

  • 職 種

    WEBデザイナー

  • 年 齢

    27歳

  • 性 別

    女性

  • 居住地

    大阪

  • 職 歴

    3年目(今の職場が1年半、前の職場が1年半)

  • A

    基本10時に出社し、スケジュールや納期を照らし合わせ、進められる案件、急ぎの案件から業務を始めます。日によりますが、1日に3回ぐらいはディレクターと打ち合わせや修正の相談などで会話しますが、基本的には音楽を聴きながら誰とも話さず無言で業務をこなしていきます。個人的に集中したら手を止めたくない性格なので、今のワークスタイルは合っているかなと思っています。定時は19時までですが、まずその時間に帰られることはありません。ときには徹夜しますが、私よりも徹夜の回数が多いデザイナーはたくさんいます。土日祝が基本休日ですが、案件の納期次第では休日出勤をします。それは会社の面接時に守って欲しい約束として、提示されました。残業代は出ません。

  • A

    あまり感じたことはありません。センスだけの問題ではなく、結局はデザイナーとディレクター、ディレクターとお客様のコミュニケーション力がなんと言っても重要だと日々感じておりますが、そこが一番難しいとも感じております。

  • A

    残業がつらいです。忙しい=儲かっているというわけではなく、デザイン修正が何回もきたりするとそれだけ時間がかかってしまうのにたいし金額が上がるわけでもありません。デザイン修正がくるのは、デザイナーの力のなさもありますがなんと言ってもお客様、ディレクターとのコミュニケーション力不足が原因だと思っています。お客様の立場になって物事を考え、なおかつそのときに一番ベストなデザインや構成などを提案できる、優秀なディレクターが必要になってくると思います。デザイナーはデザインするだけで良いというわけではなく、やはりコミュニケーション力が問われる職種になってくると思うので、人と関わる仕事が苦手な方はつらいとおもいます。私もその類なのでつらいですが、私にはこの仕事しかないと決めて励んでおります。

  • A

    デザインだけじゃなく、マークアップも出来るようになりたいと思い比較的仕事が早く終わった日などは自主的に勉強したりしていましたが、やはり自主勉では限界があると挫折しました。残業が全くなかったらいけたかも。。。と思ってますがいいわけになってしまいますね。

  • A

    デザインを作成、その後ディレクターチェック、さらにお客様チェック、またさらにどこかの会社でチェック、、、という流れに案件も少なくはありません。そうなってくるとデザイナーが修正する回数は10回以上になったりするケースもあります。多いとは覚悟していても、いざ修正がくるとだんだんやる気をなくしてしまいます。。デザイナーのプライドもずたずたです、プライド高い方は要注意です。私も高い方なので、困っております。日々ストレスとの戦いです。

  • A

    高校のときはグラフィックデザイン科に所属し、イラストレーター、フォトショップを授業で習いました。22歳までは事務ではたらき、そこから職業訓練でグラフィックデザイン、コーディング、もろもろソフトの扱い方を学びデザイナーに転職いたしました。最初に働いた会社はデザイン事務所ではなく美容系サロンを経営する会社にて自社のweb、グラフィックの販促物を担当していました。残業はほぼなしで月給18万円でした。

  • A

    コーディングをやはり学んでいきたいです。コーディングが出来ないWebデザイナーは、Webデザイナーと名乗るのに少し気がひけます。。デザイン、マークアップもできてこそのWebデザイナーだと思っています。

  • A

    スクーを利用したり、参考書をよんだり、知り合いの出来る人に聞いたり、ごく普通の勉強方法です。私が勤めている会社はちょうちょいマークアップ向けのワークショップなども開いておりますので、休日にそれに参加したりも。この間はWordpressを学びました。講師は職場の方です。家で自主的に勉強するときは、疲れない程度に3時間、など時間を決めて勉強することが多いです。やり始めるときりがなくなってしまうので。。。

  • A

    ひとりでもやっていける、デザイナーになることです。私の場合は、Webよりも正直エディトリアルやグラフィックデザインがスキなので、将来は雑誌関係なども憧れています。どうなるかわかりませんが。

  • A

    かわいい、おしゃれなものはWebにこだわらず何でも吸収していこうという姿勢が大事だと思っています。電車に乗れば中吊り広告、外を歩けば大きい看板広告もありますし、どこか雑貨屋さんに入ってもパッケージがかわいかったり、カフェに行ってそこのメニューがオシャレで嬉しかったり、デザインがスキなことは大事だと思っています。マークアップの方は私も勉強の仕方教えてほしいです。。。

  • A

    常識レベルの英語力があれば、大丈夫だとは思います。ただWebデザイナーにかかわらず、これからはグローバルな戦力がどこの会社でも求められていると思うので、出来て損はないです。打ち合わせに英語力があるデザイナーがいるだけで、案件がスムーズにはこんだりすることがあるんではないでしょうか。

  • A

    誰でもなれます、頑張ることが出来る人なら大丈夫です。ただ年齢制限はあるんでは、、と思います。20代からデザイナーで、現役50代。。とかは全然ありだと思いますが、50代から始めるのはセンス的にも体力的にも厳しいと思います。職業訓練で一緒に学んだ方で、60歳ぐらいの男性がデザイナー未経験で授業で学んだ内容で自分で会社をたちあげておりましたが、センス的にも儲け的にもかなりなんともいえない状態になっていました。。。

  • A

    絶対にデザインしかしたくない、という考えをお持ちの方は難しいんではないでしょうか。そういう方はグラフィックデザイナーという道もあります。Webデザイナーに求められているのはデザインだけではないということを重々承知でいろんなことに取り組んでいけるかたがいいんではないでしょうか。

  • A

    各自googledrive上にアップしたExcelの方に記載し、だれでも閲覧できるようにしてあります。基本2週間分ぐらいのスケジュールは把握していますが、なんといっても急な依頼がきてしまうのがこの業界ですね。つらいです。

  • A

    私的にはFireworksが1番つかいやすくてすきです。Photoshopは写真加工には向いていると思いますが、Webサイト制作では面倒なことばかりです。。一度ForeworksになれるともうPhotoshopでデザインはしたくありませn。

ご協力いただいたクリエイター様一覧
現職のクリエイター様へ

グラフィカルジョブでは、現役のクリエイター様にご協力いただき、一問一答形式でインタビューをさせていただいております。
職場環境、キャリア、やりがいなど、普段はなかなか聞けない現役デザイナーの本音が満載です。
これからデザイナーを目指される方、すでにデザイナーとして活躍されている方も必見です!
※インタビューにご回答いただけるクリエイター様は、こちらより、ぜひご回答いただけましたら幸いです(謝礼金有り)。

会員登録
掲載0円

職種から求人を探す

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナー アートディレクター イラストレーター アシスタントデザイナー アニメーター ゲームデザイナー

WEBデザイナー

WEBデザイナー WEBディレクター SOHOデザイナー フラッシャー UI・UXデザイナー マークアップエンジニア フロントエンドエンジニア HTMLコーダー

DTP・エディトリアル

DTPオペレーター DTPデザイナー エディトリアルデザイナー

ライター・校正

ライター 校正 コピーライター ライティング

カメラマン

カメラマン フォトグラファー カメラマンアシスタント ビデオカメラマン スタジオアシスタント レタッチャー

CGデザイナー

CGアニメーター CGクリエイター 3Dデザイナー 2Dデザイナー モーションデザイナー コンポジッター 映像ディレクター 映像クリエイター

空間・インテリア

CADオペレーター 空間デザイナー インテリアデザイナー 店舗デザイナー デコレーター

プロダクト

プロダクトデザイナー 雑貨デザイナー グッズデザイナー ジュエリーデザイナー モデラー ファッションデザイナー 3Dプリンター

プログラマ

WEBプログラマ デバック サーバーエンジニア ネットワークエンジニア 画像処理

事務・ヘルプデスク

運営スタッフ 営業アシスタント ユーザーサポート オペレーター 一般事務 営業事務 広報 データ入力

営業・コンサル

WEB営業 コンサルティング マネージャー アドバイザー 広告営業 企画営業